司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

 高齢に伴う将来的な退位の希望を示した天皇陛下の「お気持ち」表明を受けた政府の対応が注目されています。今回の表明を受けて、時代に則した皇室制度の在り方を定めるために、皇室典範改正を求める声もあるなかで、政府は「退位の自由」を認めることによる天皇制への影響や、退位の要件化の難しさなどから短期的に改正することは困難との見方で、今の天皇に限って生前退位を可能にする特別措置法を制定する方向とも伝えられています。あなたは、この問題にどう対応するのが望ましいと考えますか。安倍政権の姿勢をどうご覧になりますか。自由なご意見をお聞かせ下さい(800字、匿名可)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

New Topics

投稿数659 コメント数352
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット