司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

編集長コラム

   はやり言葉のようになった「忖度」とは、実は責任回避・転嫁に使われ得るものであるということを、私たちは改め

記事の続きを読む »

   政治家は、謙虚でなければ話にならない――。勝手な想像だが、今度という今度は、多くの国民が身に染みて、そう

記事の続きを読む »

   法科大学院制度の見直しの方向として、法学部3年と既習2年を合わせた「5年一貫法曹コース」と、一部の法科大

記事の続きを読む »

   今回の司法改革を振り返ると、いたるところで「負担」ということが、問題になってきたことに気付かされる。有り

記事の続きを読む »

   法科大学院を中核とする新法曹養成制度にあって、おきざりにされたのは、法学部と法学研究者養成である、という

記事の続きを読む »

   来年2018年は、日本の憲法とこの国の将来にとって、極めて重要な年になる可能性がある。自民党は当初予定の

記事の続きを読む »

   専門的知見がない国民が判断を求め、その結果を「お墨付き」として受けとめる対象としての「権威」。その関係性

記事の続きを読む »

   新法曹養成制度のなかにあって、いまや「予備試験」という存在は、見方によっては非常にグロテスクなものになっ

記事の続きを読む »

   裁判員制度の特徴として、市民である裁判員が、プロである職業裁判官とともに裁判にかかわるということが特徴と

記事の続きを読む »

   「排除」という政治姿勢が、今回の衆院選挙では注目されることになった。発言の主である、「希望の党」の小池百

記事の続きを読む »

1 2 3 4 5 18

New Topics

投稿数802 コメント数371
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット