司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

編集長コラム

   法科大学院を中核とする新法曹養成制度にあって、おきざりにされたのは、法学部と法学研究者養成である、という

記事の続きを読む »

   来年2018年は、日本の憲法とこの国の将来にとって、極めて重要な年になる可能性がある。自民党は当初予定の

記事の続きを読む »

   専門的知見がない国民が判断を求め、その結果を「お墨付き」として受けとめる対象としての「権威」。その関係性

記事の続きを読む »

   新法曹養成制度のなかにあって、いまや「予備試験」という存在は、見方によっては非常にグロテスクなものになっ

記事の続きを読む »

   裁判員制度の特徴として、市民である裁判員が、プロである職業裁判官とともに裁判にかかわるということが特徴と

記事の続きを読む »

   「排除」という政治姿勢が、今回の衆院選挙では注目されることになった。発言の主である、「希望の党」の小池百

記事の続きを読む »

   シンプルに考えれば、今、司法改革で問われているのは「価値」である。別の言い方をすれば、「改革」のシナリオ

記事の続きを読む »

   安倍晋三首相による、突然の衆院解散から始まり、小池百合子・東京都知事の「希望の党」立ち上げ、そして民進党

記事の続きを読む »

   1年に1回日弁連が発行する「弁護士白書」には、毎回、「弁護士人口の将来予測(シミュレーション)」というデ

記事の続きを読む »

   「改革」だって、所詮人がやること、ミスもあれば想定外もある。だから、軌道修正も、抜本的見直しだって、認め

記事の続きを読む »

1 2 3 4 5 18

New Topics

投稿数786 コメント数371
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット