司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

織田信夫

   〈対象の明確化と視点・基準の問題〉  2009年5月21日施行の裁判員法は今年の5月で施行10年目を迎え [&he

記事の続きを読む »

   〈裁判所の国家政策追随意見〉  私は以前、外1名の弁護士とともに、福島地裁での裁判員の職務を担当して急性 [&he

記事の続きを読む »

 〈裁判手続きに関するあるべき議論〉  司法の国民的基盤の確立ということが、最高裁大法廷判決がいうように裁判員 [&he

記事の続きを読む »

 〈国民参加ありき、制度ありきの議論〉  裁判員制度発案の経緯については、それが英米の陪審・参審制にならって、 [&he

記事の続きを読む »

  〈民主主義的基礎づけ説と理解増進説〉  国民的基盤という言葉が登場したのは、司法審の審議の過程で、何故国民 [&he

記事の続きを読む »

 〈裁判員制度制定で頻出する言葉〉  裁判員の参加する刑事裁判に関する法律いわゆる裁判員法が施行されて今年5月 [&he

記事の続きを読む »

   〈裁判員制度の経費〉    前記の裁判員経験者の制度に批判的な言葉にもあるように、存 [&he

記事の続きを読む »

   〈国民の理解増進、信頼向上はあったか〉    裁判員法が施行されてから9年余、現段階 [&he

記事の続きを読む »

   〈「やりがいあった」「ストレス感じた」〉    最高裁判所の裁判員制度に関する統計資 [&he

記事の続きを読む »

   〈一度出来上がったものを廃止する難しさ〉    大久保太郎元判事は、「陪審制又は参審 [&he

記事の続きを読む »

1 2 3 4 18

New Topics

投稿数869 コメント数375
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット