司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

千田實

   〈調整型弁護士への道〉  人間誰もが持っている常識とか、人情とか、人の気持ちとかを理解する能力をしっかり [&he

記事の続きを読む »

   〈調整役としての地方弁護士〉  地方で長く開業している弁護士は、クライントと家族ぐるみでの付き合いが長く [&he

記事の続きを読む »

   〈地方住民の迷い、悩みに寄り添う存在〉  地方弁護士のこれまでの主な仕事は、依頼者の言い分の正当性の強調 [&he

記事の続きを読む »

 〈理屈を通すことではない紛争解決〉  相続事件は裁判で決着がついても、以後、親族関係断絶となり、親子、・兄弟 [&he

記事の続きを読む »

   〈地方開業の医師と弁護士の仕事の違い〉  「仲裁は時の氏神様」という言葉がある。地方弁護士は、その氏神様 [&he

記事の続きを読む »

   〈「仲裁は時の氏神様」〉  地方弁護士として、裁判の一方当事者の代理人となって、他方当事者やその代理人と [&he

記事の続きを読む »

   〈商売面にも関わる「喧嘩犬」からの脱却〉  「弁護士は喧嘩犬だ」と馬鹿にする人がいるが、そう言われれば、 [&he

記事の続きを読む »

 〈闘えなくなって気付いた弁護士の役割〉  42の厄年から糖尿病、高血圧症で薬物治療を受けるようになったが、そ [&he

記事の続きを読む »

   〈喧嘩犬から氏神様へ〉  これまで地方弁護士は、「喧嘩犬」などと呼ばれたりしてきた。喧嘩自体が悪いことだ [&he

記事の続きを読む »

   〈「旨い、早い、安い」弁護士サービス〉  地方で開業する弁護士も、食堂経営者と本質は変わらない。他の弁護 [&he

記事の続きを読む »

1 2 3 4 17

New Topics

投稿数1,168 コメント数405
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に