司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

千田實

 〈衆愚政治〉  憲法の基礎理論に関する話の中で、一言付言したいのは、多数決原理を中核とする民主主義の陥りやす [&he

記事の続きを読む »

 〈自然法〉  「自然法」という言葉は、憲法の基礎理論の中ではよく出てきます。広辞苑は、「自然界の一切の物事を [&he

記事の続きを読む »

 〈「立憲主義」〉  「法の支配」と関連する言葉に「立憲主義」という言葉があります。これも、よく目にも耳にもし [&he

記事の続きを読む »

 〈「法の支配」〉  「法の支配」という言葉には、惑わされました。「支配」とは、「上に立って人や組織を思いどお [&he

記事の続きを読む »

 〈「憲法の母体」〉  憲法96条の憲法改正の手続に従えば、いかなる内容の改正を行うことも許されるという考え方 [&he

記事の続きを読む »

 〈究極の価値から筋道を通す〉  憲法の究極の価値は、一人の人間の命が、基本的人権が、最も尊くおごそかであり、 [&he

記事の続きを読む »

 〈「人類普遍の原理」としての国民主権〉  日本国憲法は前文で、「人類普遍の原理」という言葉を使っています。分 [&he

記事の続きを読む »

 〈「民主主義の限界」〉  私は、2006年11月30日に、本の森から「田舎弁護士の大衆法律学――憲法の心―― [&he

記事の続きを読む »

 〈改正手続に従っても侵せない三大原則〉  もう一度、憲法前文に目を戻しますと、「政府の行為によって再び戦争の [&he

記事の続きを読む »

 〈「人類普遍の原理」〉  前回、ご紹介した通り、憲法が、憲法改正に関して文章としてはっきり書いてある条文は、 [&he

記事の続きを読む »

1 2 3 4 9

New Topics

投稿数967 コメント数385
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット