司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

千田實

   〈弁護士、裁判官も認識を改めるべき〉  法律より、相続に関する皆が納得し、幸せになるような気持ちの歩み寄 [&he

記事の続きを読む »

   〈廃止まで使用すべきでない遺留分制度〉  父は、40年間自分と一緒に家業に従事してきた長男にすべての遺産 [&he

記事の続きを読む »

   〈子の生活費になったかつての相続財産〉  民法は、明治時代に施行されたものです。施行されて124年が経過 [&he

記事の続きを読む »

 〈法律よりも高度なモラル〉  人を殺さないのは、刑法という法律が人を殺したら死刑にすると定めているからではあ [&he

記事の続きを読む »

   〈胸は張れない法律による相続問題解決〉  「人を殺してはならない」などという法律があろうとなかろうと、人 [&he

記事の続きを読む »

 〈どこまで守るべきかは法律によって異なる〉  手元にある国語辞典には、法律とは「社会秩序を保つために決めた、 [&he

記事の続きを読む »

   〈天賦人権思想と私的自治の原則〉  天賦人権思想では、すべての人間は生まれながらにして平等であり、幸福を [&he

記事の続きを読む »

   〈個人の生き方に干渉してはならない国〉  民法は、明治29(1896)年4月29日に公布され、明治31( [&he

記事の続きを読む »

 〈裁判官にとっての手引きという性格〉  遺留分という民法の規定は、遺言書があっても、法律で相続人と決められて [&he

記事の続きを読む »

   〈相続紛争が起こる原因〉  法律の専門家である裁判官や弁護士の中には、法律の条文や判例などばかりに夢中と [&he

記事の続きを読む »

1 2 3 4 14

New Topics

投稿数1,094 コメント数394
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に