司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

編集長コラム

 なぜ、今、私たちは、こんな苦しい国会答弁を見せられているのだろうか。検事長定年延長問題をめぐる、森まさこ法相 [&he

記事の続きを読む »

   現与党が旗印としていた政治主導が、官僚の人事を支配する官邸主導となり、結果、不透明で、かつ、不公正な官僚 [&he

記事の続きを読む »

 検察人事への不当な介入が波紋を呼んでいる。官邸に近いとされる東京高検検事長の63歳定年について、それを定めた [&he

記事の続きを読む »

 「頼りがいのある司法」というフレーズは、今回の司法改革の必要性をアピールする文脈の中で、官民でさんざん使われ [&he

記事の続きを読む »

   刑事司法の改革には、それを困難にする決定的要素として、市民との距離感があることは、どうしても否定できない [&he

記事の続きを読む »

 性的暴行を受けたとして民事裁判で訴えられ、先ごろ1審で賠償を命じれた被告男性ジャーナリストが会見で、原告女性 [&he

記事の続きを読む »

 「反社会的勢力」という言葉は、とても危険なものといわなければならない。こう書くと、すぐさま「反社会的」という [&he

記事の続きを読む »

 安倍政権下で、また公文書管理が問題化している。しかも、自衛隊の日報問題、森友・加計問題、そして今回の「桜を見 [&he

記事の続きを読む »

 安倍政権で、また不公正・不公平の問題が追及されている。内閣の公的行事の私物化が問われている「桜を見る会」問題 [&he

記事の続きを読む »

 10月27日に行われた参院埼玉選挙区の補欠選挙の投票率が、戦後参院選の補選で4番目に低い20.81%であった [&he

記事の続きを読む »

1 2 3 4 22

New Topics

投稿数927 コメント数384
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット