司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

編集長コラム

   先月ネット上にホームページを公開した、「先導的法科大学院懇談会」(Leading Law School7

記事の続きを読む »

   「淘汰されればいい」。法科大学院の撤退が始まったころ、弁護士会のなかからも、こんな声を聞いた。文字通り、

記事の続きを読む »

   刑事司法の問題を考えるとき、そもそも権力に対して国民がどこまで警戒感を持てるか、というテーマに突き当たる

記事の続きを読む »

   私たちは、わが国政治家のさまざまな「失言」に対する言い訳を聞いてきた。そのなかで、決まって登場してくるの

記事の続きを読む »

   ここまでのことをやってのける安倍政権と、それを許している今の日本の状況とは、一体、何なのだろうか――。改

記事の続きを読む »

   説明責任とは民主主義の基礎を支えるものと認識してきた。政府は、説明責任を果たすことによって、主権者である

記事の続きを読む »

   「安倍一強の弊害」という言葉が、ネット上に踊り、テレビコメンテータの口からもしばしば聞かれるようになって

記事の続きを読む »

   法律の恣意的運用という切り口は、法律専門家が考えるほど、一般市民に伝わりやすいテーマではない、ということ

記事の続きを読む »

   国家権力が作ろうとする制度について、たとえ多くの国民の疑念が晴れなくても、その制度が作られてしまう。政治

記事の続きを読む »

   「森友学園」問題をめぐり、連日の報道で飛び交うことになった「忖度」という言葉について、渦中の松井一郎・大

記事の続きを読む »

1 2 3 4 16

New Topics

投稿数701 コメント数362
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット