司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

編集長コラム

   法科大学院制度は、「失敗」とされる現状につながる、いくつもの「無理」を内包していたといえる。つとに指摘さ

記事の続きを読む »

   2009年5月に、裁判員制度がスタートしたとき、当時の宮﨑誠・日弁連会長は談話のなかでこう述べている。

記事の続きを読む »

   今、私たちがこの国で、目の当たりにしている政治家や官僚が口にしたり、引き受けているとされる「説明責任」と

記事の続きを読む »

   法科大学院制度が、質、教育レベルにおいて、無視できない学校間格差を生んでしまったことは、もはや制度擁護派

記事の続きを読む »

   3月27日に行われた森友問題めぐる衆参予算委員会での証人喚問で、「刑事訴追の恐れ」を理由に証言拒否を繰り

記事の続きを読む »

   権力を信じるか信じないのか、あるいはどこまで信じるのか――。民主主義社会を維持していくうえで、結局、ここ

記事の続きを読む »

   はやり言葉のようになった「忖度」とは、実は責任回避・転嫁に使われ得るものであるということを、私たちは改め

記事の続きを読む »

   政治家は、謙虚でなければ話にならない――。勝手な想像だが、今度という今度は、多くの国民が身に染みて、そう

記事の続きを読む »

   法科大学院制度の見直しの方向として、法学部3年と既習2年を合わせた「5年一貫法曹コース」と、一部の法科大

記事の続きを読む »

   今回の司法改革を振り返ると、いたるところで「負担」ということが、問題になってきたことに気付かされる。有り

記事の続きを読む »

1 2 3 4 18

New Topics

投稿数786 コメント数371
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット