司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

編集長コラム

 あいちトリエンナーレの企画展「表現の不自由展・その後」が中止に追い込まれた事態を契機に、皮肉にも「表現の自由 [&he

記事の続きを読む »

 裁判員制度への批判のなかで、上級審で判断を維持できなかったことを以てして、この制度の無意味性をいうものがある [&he

記事の続きを読む »

 「極めて異例の判断ではありますが、敢えて控訴を行わない旨の決定をしました」。元ハンセン病患者の家族への国の責 [&he

記事の続きを読む »

 再審について、まず根本的に求められているのは、司法の謙虚さということに尽きるのではないか。再審開始を認めた地 [&he

記事の続きを読む »

 やはり、この国はとっくに限界を超えている。改めてそんな気持ちにさせられる、金融庁の審議会報告書をめぐる安倍政 [&he

記事の続きを読む »

  郵政不正事件での担当検事による証拠ねつ造などを受けた、検察改革の一環として、2011年に最高検が発表した基 [&he

記事の続きを読む »

  裁判員制度がずっとあいまいしてきたテーマの一つが、「市民感覚」ではないだろうか。制度が参加する市民の判断に [&he

記事の続きを読む »

 「改革」推進論のなかで、「一発勝負」「一発試験」と批判的にいわれてきた司法試験と司法研修所教育による、かつて [&he

記事の続きを読む »

 今年5月の裁判員制度開始10年を前に、朝日新聞が裁判員体験者にスポットを当てた企画記事の掲載を始めている。「 [&he

記事の続きを読む »

 法科大学院制度がうまくいっていないことについて、大学院関係者や大マスコミを含めた制度擁護派の言い分には、常に [&he

記事の続きを読む »

1 2 3 4 20

New Topics

投稿数886 コメント数375
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット