司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

編集長コラム

   「いつの間に後進国になったか」。こんなタイトルの囲み記事を日本経済新聞(4月9日付け朝刊、「大機小機」) [&he

記事の続きを読む »

 コロナ禍のなかで、いまだ「開催」という前提に立っている東京五輪・パラリンピックをめぐる状況は、実に気持ち悪い [&he

記事の続きを読む »

 「遅い」と烙印をおされた日本の裁判をめぐり、「迅速化」という方向が、今回の司法改革では、ずっと議論され、推し [&he

記事の続きを読む »

 これほどあからさまな癒着の構造が、いまも確実に存在している現実。総務省の幹部らが首相の長男が勤務する放送関連 [&he

記事の続きを読む »

   東京五輪・パラリンピック大会組織委員会会長の森喜朗氏の、女性蔑視発言から辞任に至るまでのドタバタ劇は、さ [&he

記事の続きを読む »

 受験者が4000人を切り、合格者数は政府の最低「死守」ラインとされた1500人も割ることとなった、2020年 [&he

記事の続きを読む »

 なぜ、法科大学院は法曹養成の中核にならなければならなかったのかーー。この問いかけに対し、何度となく、繰り返し [&he

記事の続きを読む »

 「憲政史上の汚点」。現職の首相による、国会での虚偽答弁と、それをもとに進められることになった、今回の事態につ [&he

記事の続きを読む »

 議論の前で立ちすくむ。果たして、この議論に乗っていいのかどうか――。いうまでもなく、一度乗れば、最終的にさら [&he

記事の続きを読む »

 まるで悪い冗談を見ているようである。「桜を見る会」の前夜祭をめぐり、安倍晋三前首相側の、費用の一部負担があっ [&he

記事の続きを読む »

1 2 3 4 24

New Topics

投稿数998 コメント数387
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット