司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

樋口和彦

 〈自白という「身代金」を要求する日本の実態〉  一 日本の刑事司法は、「人質司法」だといわれる。その概略は以 [&he

記事の続きを読む »

 〈黒人層に打撃となる二つの判決〉  2023年6月29日、アメリカ連邦最高裁は、大学の入学許可審査において黒 [&he

記事の続きを読む »

 〈日本と異なる米陪審制での証拠の扱い〉  1 日本で裁判員法が成立して、来年で20年となる。これまでの論考と [&he

記事の続きを読む »

 〈日米で扱いが異なる二つの考え方〉  1 違法収集証拠の排除という考え方がある。捜査機関が重大な違法行為によ [&he

記事の続きを読む »

   〈有意な格差はない日米の有罪率〉  日本の刑事裁判における有罪率99.7%は極めて高いとされる。否認事件 [&he

記事の続きを読む »

 〈米国の死刑制度の背景にあるもの〉   これまで、何回かにわたってアメリカの死刑制度に触れた。  現在の同国 [&he

記事の続きを読む »

 〈重複統治理論に関する判決〉   第10回「二重の危険の日米比較」で、アメリカの「二重の危険」と「重複統治権 [&he

記事の続きを読む »

 〈仮釈放がない終身刑に関する説示〉  前回(第19回)は、有罪か無罪かにつき、アメリカの陪審員裁判と日本の裁 [&he

記事の続きを読む »

 〈連邦最高裁判決の波紋〉  2020年4月に、アメリカ連邦最高裁が陪審員裁判で有罪とするには、12人の陪審員 [&he

記事の続きを読む »

 〈制度見直し論まで招いている異常性〉   2020年12月、トランプ大統領は数十名に対し恩赦を行った。自身の [&he

記事の続きを読む »

1 2 3

New Topics

投稿数1,164 コメント数404
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に