司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

2013年4月 記事一覧

 「国民の負担軽減」ということが、課題としていわれ続けている裁判員制度。参加する国民の負担を軽くするという文字面だけみれ

記事の続きを読む »

地元地裁の争点整理の現場に初めて出席する私は、ほんの少しだが、気分が張りつめていた。そんな時に、東京からやってきたS弁護

記事の続きを読む »

〈裁判員裁判の公平・適正性担保が理由になるか〉  次に、仮に裁判員裁判が公平性、適正性が担保されている制度であるとしても

記事の続きを読む »

横浜弁護士会の法律相談センターは、この4月から、それまでの弁護士会館から、横浜駅近くの貸しビルに移転した。これまでは、関

記事の続きを読む »

■執筆者 勝瑞豊 司法書士界の論客として知られる筆者が、特異な「日本司法」と、そこにいる人間たちの生態を探ります。 19

記事の続きを読む »

■執筆者 峯岸孝浩 登録5年で独立開業した地方会の若手弁護士が見て、感じた弁護士業や弁護士会の今をつづります。 1975

記事の続きを読む »

裁判員制度に意見投稿仕様

記事の続きを読む »

*

投稿・随時受付


2013年4月21日 | 投稿

投稿を常時受け付けます。字数制限はありませんが、掲載は実名、ご職業(お肩書)を付記させていただくのを原則としますが、匿名

記事の続きを読む »

織田信夫


2013年4月21日 | 未分類

裁判員制度反対派の論客である弁護士である筆者が、裁判員を強制する制度の問題を中心に鋭く斬り込みます。 織田信夫氏 193

記事の続きを読む »

1 2

New Topics

投稿数701 コメント数362
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット