司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

2013年11月 記事一覧

 2013年7月から、全国弁護士協同組合連合会(全弁協)による、保釈保証書発行事業がスタートしました。日本弁護士連合会(

記事の続きを読む »

 「利用しやすい」という言葉が、民事裁判の課題として宛がわれ続けている。先日、最終報告書をまとめた民事司法改革を討議して

記事の続きを読む »

   記憶をたどると、あの電話会議システムでのやりとりの後、数日が経過した頃だったと思う。ある晩、次回予定の裁

記事の続きを読む »

   パワハラについて言えば、法律事務所という職場は、まるで伏魔殿のように思える。    私自身は、

記事の続きを読む »

〈人権無視の「国民参加第一」   ○ 今回の申合わせ策定の契機となったこと 東京地裁で今回の裁判員辞退の運用に

記事の続きを読む »

 「利用しやすい司法」を目指すとされる民事司法改革の必要性が指摘されています。今年10月、学識経験者、経済団体・労働団体

記事の続きを読む »

 司法試験の「予備試験」のあり方が、本格的に議論されようとしています。受験者は年々増加、合格者も2011年116人、20

記事の続きを読む »

 経験のあるベテラン弁護士による不祥事が後を絶ちません。弁護士会の役職経験者が関与する事例も発生しています。背景に無理な

記事の続きを読む »

 司法試験の在り方を批判する切り口として、「参入規制」とか「供給制限」という言葉が宛がわれてきた。旧司法試験体制下、長く

記事の続きを読む »

   「え?裁判には出席しなくていいのですか?」    民事訴訟の依頼を受けるとき、大抵の依頼者の方

記事の続きを読む »

1 2

New Topics

投稿数701 コメント数362
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット