司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

2011年12月 記事一覧

〈諸外国でも批判がある制度〉  いわゆる先進国として称される多くの国には、陪審制、参審制という素人の裁判直接参加制度があ

記事の続きを読む »

  今冬二回試験を通った新64期の修習修了者のうち、非任官者、つまり、弁護士候補の実に20%が、未だに弁護士登録をしてい

記事の続きを読む »

   いよいよ刑事裁判・最終公判の日が近づいてきた。これといったことは特別何もできるものもなかったのだが、今後の見通しに

記事の続きを読む »

東日本大震災と福島原発事故という、あまりにも大きな事象の前に、それ以外語るべきものを失ってしまいそうになる--。2011

記事の続きを読む »

 刑事裁判第2回公判終了後、姉たちは、国選弁護士に会い、例の「100万円」という額に関しては、あくまでも、「被害額の一部

記事の続きを読む »

 既に7年前の話になるが、新任裁判官辞令交付式での最高裁長官の訓示での一言が、朝日新聞で報道され、ちょっとした物議を醸し

記事の続きを読む »

 ホーチミン空港からはプノンペン空港に1時間ほどで着いた。ベトナム航空の青緑色の機体の色にも驚き、濃いオレンジ色のアオザ

記事の続きを読む »

     〈議論されるべきは「素人裁判官」〉  いわゆる我が国で国民の司法参加と言われているものは、職業裁判官による裁判

記事の続きを読む »

New Topics

投稿数665 コメント数353
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット