司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

2013年5月 記事一覧

 修習専念義務がある司法修習生の「兼業」を許可することや、法科大学院修了後、「5年以内3回」の司法試験の受験回数制限を「

記事の続きを読む »

悪夢のような争点準備から数日が過ぎ、私の報告を読んだ兄は、今回の審理のあり方に疑問を持ち、裁判所に連絡を入れた。電話には

記事の続きを読む »

〈「選り好み」の問題ではない〉  前述のように、学説としても、被告人の選択権を認めるべきだとする意見が強い。僅かに土井教

記事の続きを読む »

旧司法試験の問題点として、かつて盛んに言われていたことのひとつに、受験期間の長期化とそれに伴う合格者の高齢化、ということ

記事の続きを読む »

 これまでのクレサラ訴訟についてみれば以下のとおりとなる。   1 一連計算の可否をめぐる論点   2 契約の個数が問題

記事の続きを読む »

■執筆者 峯岸孝浩 登録5年で独立開業した地方会の若手弁護士が見て、感じた弁護士業や弁護士会の今をつづります。 1975

記事の続きを読む »

 司法試験の予備試験の今年の志願者数が1万1255人と、初めて1万人を突破し、その「人気ぶり」が報じられている。もちろん

記事の続きを読む »

争点準備室を沈黙が支配した。膠着状態だった。この澱んだ空気をなんとかしないといけないと、そう思っていた矢先、裁判官から、

記事の続きを読む »

〈被告人は二の次〉  被告人に対し裁判員裁判を受ける権利を与えることによって、国家は被告人の裁判を受ける権利を完全に保障

記事の続きを読む »

5月15日から司法試験が始まった。今年の受験者は7600人あまり。史上最低の受験者数だそうだ。昨年と比べ、ほぼ1割の減少

記事の続きを読む »

1 2

New Topics

投稿数665 コメント数353
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット