司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

2015年10月 記事一覧

   新法曹養成の多様性とは何だったのか――。「改革」の現実をみるにつけ、ずっとつきまとっている疑問である。司

記事の続きを読む »

   民事裁判の第一審が終わった。弁護士をつけない裁判で、とにかくやるだけのことはやったという気持ちで、内心、

記事の続きを読む »

   〈「解釈改憲」に類似した行為〉    国民参加型の裁判において、参加した国民に評決権を与える制

記事の続きを読む »

   1961年に発生した、いわゆる「名張毒ぶどう酒事件」は、当時、「第二の帝銀事件」として騒がれたという。両

記事の続きを読む »

   結論から言えば、あの被告豹変の後も、裁判自体はたんたん続いていった。こちらは、あくまで冷静に対応し、物の

記事の続きを読む »

   〈「勝った方が正義」という認識〉    解釈改憲という言葉が目につくことが多くなった。それは、

記事の続きを読む »

   安全保障関連法案の採決をめぐり、国民が「忘れる」という認識が政権側にあるという見方がしきりといわれた。出

記事の続きを読む »

   裁判というものの帰趨に、裁判官の心証というものが大きく影響するだろうことは、私たちのような素人でもある程

記事の続きを読む »

   2回目の出張相談は、別の知人の紹介でした(相談者をBさんと呼びます)。Bさんの親族が交通事故に遭いました

記事の続きを読む »

   この不祥事続発の原因は、司法書士の倫理や品位の欠落にあるのではなくて、業界執行部含めた司法書士の人権感覚

記事の続きを読む »

New Topics

投稿数665 コメント数353
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット