司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

 

 弁護士のWEB集客には様々な方法がありますが、一体どうすればいいのか?迷ってしまう方も多いと思います。

 

 ここからは弁護士事務所のネット集客の具体的な方法を解説していきたいと思います。まずは、一番相談の多い開業間もない方、インターネットが得意でない方、あまり予算をかけられない方です。この方にはブログを作ることからお勧めしています。。

 

 ブログとは、いわゆる日記と呼ばれるもので日々の出来事、自分が関心があったことをWEB上に保管できるサービスです。ブログは大手ブログ会社にメールアドレスとパスワードを登録設定すれば、誰でも簡単に開設できます。

 

 アメブロ(http://www.ameba.jp/ )FC2(http://blog.fc2.com/)、ライブドア(http//blog.livedoor.com/)といったブログサービス会社がおすすめです。ちなみに、当サイトの河野編集長はFCブログを使っています。
http://kounomaki.blog84.fc2.com/

 

 意外に思う方も多いのではないかと思いますが、なぜブログ開設からお勧めすすめなのか?といえば、大きな理由は2つあります。

 

 1つ目は無料で誰でも簡単に始めることができることです。ホームページで集客をしたいと考える方は多いのですが、現在のインターネット市場では正直自分で作ったWEBサイトでは集客するのはかなり難しいのが現状です。インターネットが普及してから十数年たっていますが、その間に数多くのホームページが生まれ、完成度が年々増しています。

 

 インターネット創世記なら自分で作っても内容だけ充実していれば、ライバルも少ないため意外に簡単に集客できたのですが、今のインターネット市場は既に飽和状態、ライバルがいない市場などありえません。専門家の手を借りなければ集客が難しいのが現状です。ホームページ作成をWEB制作会社に発注すると相場としては20万円~50万円ぐらいはかかります。

 

 また、ホームページを作っただけでは集客は難しく、SEO対策、リスティング広告など様々な広告費用もかかるのが現状です。

 

 予算がある方は依頼した方がいいのですが、そうでない方だと自分でWEBサイトを作るしかありません。

 

 今から一から覚えるのは億劫だし、本当に作れるのか?・・と誰でも思ってしまうと思いますが、無料ブログなら誰でも簡単に開設できるためとても便利がサービスのためです。

 

 このブログというサービスは、誰でも簡単に開設ができ記事を更新すればするほどSEO対策効果もたかまり、YAHOO・GOOGLEといった検索エンジンで上位表示されやすくなる素晴らしいサービスです。ホームページ作成時に原稿を書く練習にもなりますし、文字数もさほど長く書かなくても大丈夫です。意図的に集客できそうな記事をかけばそれだけで問合せがくる可能性もあがります。

 

 まさに、一石二鳥というのはこのことではないでしょうか。
 
 ※急ぎでホームページを持ちたい人は、wix(http://ja.wix.com/)などの無料ホームページ作成サービスを利用すれば簡易的なホームページを作ることをおすすめします。

関連記事

New Topics

投稿数719 コメント数363
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット