司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

工藤昇

   業界団体として一番知名度があるのは、どこだろう。日弁連も、ニュースの俎上に上ることは多いが、一番政治力が

記事の続きを読む »

   日弁連は14日、法制審議会の刑事司法制度部会で、刑事事件の取り調べの録音・録画(可視化)をめぐり、対象か

記事の続きを読む »

      きちんと税金を払えているのはありがたいことなのだと、頭では分かっているのだが、会計年度が改まったこ

記事の続きを読む »

   私が弁護士登録をしたのは平成6年だから、平成26年は、弁護士として満20年の節目となる。登録したてのころは、20年

記事の続きを読む »

         弁護士の質の低下は、「今、そこにある危機」なのだろうが、司法改革以前にも、怪しげな事務所とい

記事の続きを読む »

   最近は、刑事事件は期の若い同僚に譲ることが多く、あまりやらなくなっていたのだが、久しぶりに当番弁護が回ってきたので

記事の続きを読む »

   パワハラについて言えば、法律事務所という職場は、まるで伏魔殿のように思える。    私自身は、

記事の続きを読む »

 このところ、顧問先で、パワハラについて話す機会が多い。  厚労省の統計だと、都道府県労働局等に寄せられた労働相談の中で

記事の続きを読む »

 私は、学部の学生だったころはマスコミ志望で、司法試験など、人間が受かるものとは思っていなかった。一度就職してから、仕事

記事の続きを読む »

 横浜弁護士会の会員名簿には、末尾の方に、期別のリストがあって、各期について何人ずつ登録があるのか、一目で分かるようにな

記事の続きを読む »

1 2 3 4 5 6 9

New Topics

投稿数685 コメント数359
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット