司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

織田信夫

 〈「適正な刑事裁判の実現」という論法〉  一般に国民の司法参加が論じられるときには、制度設計上必然的に論じられることは

記事の続きを読む »

 〈判決の予想された結論〉  最高裁判所大法廷が昨年11月16日に言い渡した裁判員制度合憲判決(以下「判決」という)につ

記事の続きを読む »

(2012年1月27日、仙台市職員労働組合の講演会から)  〈不幸が生まれても廃棄しない人間〉  先日、NHKで放送され

記事の続きを読む »

   (2012年1月27日、仙台市職員労働組合の講演会から)  〈「騙し」に対する監視力〉  先日、私は原発問題につい

記事の続きを読む »

(2012年1月27日、仙台市職員労働組合の講演会から)   〈本当の民主主義といえるのか〉  私は1956年に仙台市の

記事の続きを読む »

 〈司法改革でみた翼賛体質〉  陪審制・参審制は憲法違反だとか、そのような制度は望ましくないなどと大上段に主張すると、反

記事の続きを読む »

   〈認められるべき国民の裁判批判〉  国民は憲法の手続きに従って司法を裁判官に委ねた。委ねたら委ねっぱなしでよいのか

記事の続きを読む »

 〈公正適切な裁判に資するか〉  裁判に素人裁判官を参加させるかどうかということは、仮に万一憲法問題がクリアーできたとこ

記事の続きを読む »

 〈本末転倒の発想〉  前述のように、裁判員制度は真実の発見や法令の適正且つ公平な適用を直接目的とするものではなく、刑事

記事の続きを読む »

 〈思想改造・脅し・強制〉  今回、裁判所の改革の目玉として、いわゆる司法への国民参加が叫ばれ、一応、裁判員制度として法

記事の続きを読む »

1 11 12 13 14 15 16

New Topics

投稿数770 コメント数369
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット