司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

織田信夫

 〈公正適切な裁判に資するか〉  裁判に素人裁判官を参加させるかどうかということは、仮に万一憲法問題がクリアーできたとこ

記事の続きを読む »

 〈本末転倒の発想〉  前述のように、裁判員制度は真実の発見や法令の適正且つ公平な適用を直接目的とするものではなく、刑事

記事の続きを読む »

 〈思想改造・脅し・強制〉  今回、裁判所の改革の目玉として、いわゆる司法への国民参加が叫ばれ、一応、裁判員制度として法

記事の続きを読む »

 〈安心して司法を委ねられる存在〉  国民は、主権者として国家の統治行為を憲法の定める手続きによって公務員に委ねた。国家

記事の続きを読む »

〈諸外国でも批判がある制度〉  いわゆる先進国として称される多くの国には、陪審制、参審制という素人の裁判直接参加制度があ

記事の続きを読む »

     〈議論されるべきは「素人裁判官」〉  いわゆる我が国で国民の司法参加と言われているものは、職業裁判官による裁判

記事の続きを読む »

    「司法」への国民参加としてことさらに取り上げられるのはいかなる理由によるのであろうか。立法への国民参加、行政への

記事の続きを読む »

       裁判員の参加する刑事裁判に関する法律、いわゆる裁判員法が2004年5月28日に公布され、2009年5月21

記事の続きを読む »

   「仮説」の共通認識・正当性検証を  私ら仙台弁護士会の有志は、制度施行前の2008年2月、仙台弁護士会定期総会に「

記事の続きを読む »

   問題ある延命策提案の姿勢  裁判員法附則第9条は、施行3年経過後に、必要があればその制度が「我が国の司法制度の基盤

記事の続きを読む »

1 11 12 13 14 15 16

New Topics

投稿数733 コメント数368
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット