司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

織田信夫

   裁判官が意見表明できない現実  東京、大阪、名古屋の各高等裁判所で、昨年5月20日ごろ相次いで裁判員制度 [&he

記事の続きを読む »

 裁判員負担軽減のための異常な運用  昨年の7月3日、仙台で裁判員制度反対の市民集会を開きました。席上、裁判員 [&he

記事の続きを読む »

 本当に民主的基礎はなかったか  今回の裁判員制度の対象事件は重大刑事事件ばかりですので、年間2300件程度で [&he

記事の続きを読む »

 陪審制は司法民主化の要か  以前、私に裁判員制度について質問した方に、私が裁判員強制の根拠を尋ねた際の回答を [&he

記事の続きを読む »

   原審尊重で歪められる控訴審  控訴審制度は、今回の改革では全く手がつけられませんでした。司法研修所から出 [&he

記事の続きを読む »

   審理開始が遅延  制度設計の中でも、大きな問題は公判前整理手続きです。  この手続きは、裁判員制度の施行 [&he

記事の続きを読む »

 「強制」が必要な治安意識教育  先にこの制度の狙いが国民の治安意識教育だと申しました。司法審意見書の内容、樋 [&he

記事の続きを読む »

   強制しなければ集まらない  裁判員強制について、それを合憲化する論拠のないことを述べてきました。それでは [&he

記事の続きを読む »

   ファシズムに道を開く理論  結構多くの人の支持を集めているのが、討議民主主義という理論に依拠することです [&he

記事の続きを読む »

 裁判員制度の狙い  司法と民主主義の間には、前述のように司法までが民主化しないところに合理的な民主主義の運用 [&he

記事の続きを読む »

1 14 15 16 17 18

New Topics

投稿数828 コメント数372
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット