司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

2012年5月 記事一覧

 息子が一人でプンプン怒っているので、どうしたのかと聞いてみると、息子の通う学校で、同級生同士が「法的トラブル」になって

記事の続きを読む »

 直談判の話は、残念な結果に終わったが、落ち込んでいる暇はなかった。本格的に民事裁判に向けた体制を整理し、相手側の出方に

記事の続きを読む »

「10人の真犯人を逃すとも、1人の無辜を罰するなかれ」という、有名な法諺ある。「疑わしきは被告人の利益に」という刑事訴訟

記事の続きを読む »

   〈終わりのあとに来るもの〉  「しかし、バブルははじけるもの。過払い金案件も2010年になると頭打ちとなった。消費

記事の続きを読む »

 〈判決の予想された結論〉  最高裁判所大法廷が昨年11月16日に言い渡した裁判員制度合憲判決(以下「判決」という)につ

記事の続きを読む »

 先日,事務所旅行に行ってきました。  とはいっても、弊所の事務所旅行ではありません(ただの家族旅行のような状況になって

記事の続きを読む »

 「弁護士と闘う」という、あまり愉快ではないタイトルのホームページがあって、これが結構人気のようだ。  平成20年に副会

記事の続きを読む »

 事件の早期解決に向け、社会福祉協議会理事長・兼任町長を訪ねた。町役場の町長室まで連れられ、そこで話し合いの場が設けられ

記事の続きを読む »

小川敏夫法相が、5月11日に母校立教大学で行われたシンポジウムの講演で発言した内容が話題になっている。報道によれば、彼は

記事の続きを読む »

 「過払い金返還請求の手順は、一般的に、弁護士や司法書士が代理人となって消費者金融会社に依頼人との取引履歴の開示を求め、

記事の続きを読む »

1 2

New Topics

投稿数719 コメント数363
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット