司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

2012年7月 記事一覧

 息子が一人でプンプン怒っているので、どうしたのかと聞いてみると、息子の通う学校で、同級生同士が「法的トラブル」になって

記事の続きを読む »

 弁護士探しに明け暮れる日々が続く中、地元では、以前、兄とともに、社会福祉協議会法人に同行してくれた地元紙の記者が、3部

記事の続きを読む »

見直しの必要性が言われ出している法科大学院制度について、文部科学省の「教育改善プラン」が7月20日、発表された。サブタイ

記事の続きを読む »

   勤務弁護士時代の5年間は経営のことを意識する必要はありませんでしたので、弁護士としての本業に専念していま

記事の続きを読む »

   〈フランチャイズ化する法律事務所〉  ダイアモンド・オンライン特集「弁護士界の憂鬱」第2回では、石丸ビジネスについ

記事の続きを読む »

 〈裁判官がリードするから問題ないという発想〉  判決は、その立論の流れとして、裁判員法による裁判員制度の具体的な内容が

記事の続きを読む »

 私が研修所を出た平成4年ころは、就職先として、検察官は全く人気がなかった。本当に任官志望者は少なかったので、少しでも任

記事の続きを読む »

 断片的ではあったが、刑事裁判記録の整理がつき、大筋で現実が把握できてきた。作業が迅速にできたのは、ニューヨークにいる兄

記事の続きを読む »

多くの弁護士が驚愕した事件について、遂に国家賠償請求訴訟が提起された。大阪弁護士会刑事弁護委員会を中心とした有志ら約15

記事の続きを読む »

 〈独占体質が弁護士長者を太らす〉  「過払いバブルがはじけた。今後の弁護士界をどのように見ているか」というダイアモンド

記事の続きを読む »

1 2

New Topics

投稿数701 コメント数362
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット