司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

金丸哲也

 法廷で検事の所から、車椅子に座って待つ父親へ戻りながら、先程から気になる視線が、次第に強く感じてきた。見渡す [&he

記事の続きを読む »

 刑事裁判は、物静かに終結し、幕を下ろした。素人目をから見て、明らかに納得し難い内容だった。裁判が終わるやいな [&he

記事の続きを読む »

 2004年6月14日、刑事裁判最終公判。当日は法廷内の雰囲気に、何かこれまでとは違う空気を感じとった。何かが [&he

記事の続きを読む »

   いよいよ刑事裁判・最終公判の日が近づいてきた。これといったことは特別何もできるものもなかったのだが、今後 [&he

記事の続きを読む »

 刑事裁判第2回公判終了後、姉たちは、国選弁護士に会い、例の「100万円」という額に関しては、あくまでも、「被 [&he

記事の続きを読む »

 2004年6月9日 第二回目の刑事裁判が開かれた。  当時、なんとしても、この裁判には、行かねばという気持ち [&he

記事の続きを読む »

 東京に戻り、国選弁護人で交わし詳細について、家族に連絡を入れた。まず、九州の姉、次に東京の姉のうちに出向き連 [&he

記事の続きを読む »

 事件についての、おおまかな話を聞いた後、その国選弁護人の女性は、とりあえず、慰謝料として150万円を受け取っ [&he

記事の続きを読む »

 空港の外は、薄暗く、激しい大粒の雨が滝のように激しく降っていた。この悪天候の中、相手の弁護士が、わざわざ空港 [&he

記事の続きを読む »

  翌日、実家の窓から空を見わたすと、空はどんよりと曇っていた。実家にいる時間に何かできないかと、片手に缶コー [&he

記事の続きを読む »

1 9 10 11 12 13

New Topics

投稿数843 コメント数374
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット