司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

2011年9月 記事一覧

 法曹実務家の間では、司法改革以前に比べ、新人法曹、特に新人弁護士の質が少なからず低下したということは、ほぼ共通の認識に

記事の続きを読む »

  翌日、実家の窓から空を見わたすと、空はどんよりと曇っていた。実家にいる時間に何かできないかと、片手に缶コーヒーを持ち

記事の続きを読む »

「法曹一元の給源のためには弁護士の増員が必要」  こう言われても、いまや若い弁護士で、ぴんとくる人はいないだろう。あるい

記事の続きを読む »

 1 私も高齢者そのものだった 高齢者社会とは今年3月までは、私にとって別の世界の話であった。私は1944年7月13日生

記事の続きを読む »

   裁判官が意見表明できない現実  東京、大阪、名古屋の各高等裁判所で、昨年5月20日ごろ相次いで裁判員制度に関する裁

記事の続きを読む »

 司法修習生の給費制は、どうやら今度こそ廃止が避けられないらしい。フォーラムの議論を見る限り、給費制は、まさに息の根を止

記事の続きを読む »

 初めての傍聴、裁判所の雰囲気にのまれたのか、心穏やかに全体を見ることはできない。傍聴席最前列の真ん中に座り、ノートとペ

記事の続きを読む »

1990年5月、日弁連は高知市で開いた定期総会で、「司法改革宣言」を満場一致で採択した。これは、その後、2009年まで1

記事の続きを読む »

   第6回 最終  ピーク時の昭和61年(1986年)には、登録消費者金融業者数は4万7504社を数えた。平成11年(

記事の続きを読む »

 裁判員負担軽減のための異常な運用  昨年の7月3日、仙台で裁判員制度反対の市民集会を開きました。席上、裁判員裁判の弁護

記事の続きを読む »

New Topics

投稿数678 コメント数354
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット