司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

2011年11月 記事一覧

 坂本堤弁護士は、まだ、私が司法試験の受験生だった平成元年11月、家族とともに殺された。それから20年が経つ。一連のオウ

記事の続きを読む »

 2004年6月9日 第二回目の刑事裁判が開かれた。  当時、なんとしても、この裁判には、行かねばという気持ちもある中、

記事の続きを読む »

 「翼賛」という言葉は、戦後生まれの人間にはなじみのあるものではない。どこか現代では使いにくく、古臭く、暗い印象を受ける

記事の続きを読む »

 11月3日にはカンボジア司法省内にあるJICAのオフイスに行きJICA法制度整備プロジェクトチームからカンボジアでの日

記事の続きを読む »

    「司法」への国民参加としてことさらに取り上げられるのはいかなる理由によるのであろうか。立法への国民参加、行政への

記事の続きを読む »

      横浜は、東日本大震災の直接的な被害はあまり受けていない。それでも、多くの弁護士が、被災者のために奔走している

記事の続きを読む »

 東京に戻り、国選弁護人で交わし詳細について、家族に連絡を入れた。まず、九州の姉、次に東京の姉のうちに出向き連絡、そして

記事の続きを読む »

 戦前の治安体制下のわが国で、思想、言論、信教にわたる厳しい弾圧と統制の主役を演じたことで知られる「特高警察」。実は、こ

記事の続きを読む »

 11月1日からカンボジア5泊6日の旅をした。渉外司法書士協会の毎年の国際視察、見物企画の平成23年版であったが、カンボ

記事の続きを読む »

       裁判員の参加する刑事裁判に関する法律、いわゆる裁判員法が2004年5月28日に公布され、2009年5月21

記事の続きを読む »

New Topics

投稿数733 コメント数368
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット