司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

2012年1月 記事一覧

 2月を迎えようというこの時期になっても、横浜弁護士会は、まだ、5名定員の次期副会長枠が埋まらない。何とか、4名までは確

記事の続きを読む »

 刑事裁判は、物静かに終結し、幕を下ろした。素人目をから見て、明らかに納得し難い内容だった。裁判が終わるやいなや、私と兄

記事の続きを読む »

裁判員制度に、驚くような内容の新聞記事が出ていた。裁判員裁判に参加した人たちで作る「裁判員経験者ネットワーク」のメンバー

記事の続きを読む »

 我々の泊まったプノンペンのホテル カンボジアーナは、トンレサップ川という、とてつもなく広い川に面していて、その川はメコ

記事の続きを読む »

 〈思想改造・脅し・強制〉  今回、裁判所の改革の目玉として、いわゆる司法への国民参加が叫ばれ、一応、裁判員制度として法

記事の続きを読む »

 横浜弁護士会は、いまや会員数1200人を数える大規模単位会だが、奇跡的なことに、派閥というものがない(「野球部閥」とか

記事の続きを読む »

 2004年6月14日、刑事裁判最終公判。当日は法廷内の雰囲気に、何かこれまでとは違う空気を感じとった。何かがこれまでと

記事の続きを読む »

日本社会に「貧困マジョリティ」という新たな階層が生まれてきているという。そう指摘するのは、経済評論家の内藤克人氏だ(朝日

記事の続きを読む »

 2012年、平成24年1月となった。カンボジア旅行から帰ってから2ヶ月たったが、この間、フィリップ・ショートの「ポルポ

記事の続きを読む »

 〈安心して司法を委ねられる存在〉  国民は、主権者として国家の統治行為を憲法の定める手続きによって公務員に委ねた。国家

記事の続きを読む »

New Topics

投稿数678 コメント数354
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット