司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

2013年3月 記事一覧

 日本維新の会が、3月30日に開いた第1回党大会で綱領を採択したことが報じられている。その基本的な考え方の第一に掲げられ

記事の続きを読む »

■織田信夫 裁判員制度反対派の論客である弁護士である筆者が、裁判員を強制する制度の問題を中心に鋭く斬り込みます。 193

記事の続きを読む »

■勝瑞豊 司法書士界の論客として知られる筆者が、特異な「日本司法」と、そこにいる人間たちの生態を探ります。 1944年7

記事の続きを読む »

テレビ東京「日経スペシャル ガイアの夜明け」でも取り上げられた介護ヘルパーによる窃盗事件の被害者家族として、刑事裁判と、

記事の続きを読む »

神奈川県の横浜で開業する一地方弁護士が、日々の生活から伝える、司法改革の「肌触り」。 1964年2月21日生まれ。198

記事の続きを読む »

 弁護士の経済的な苦境が伝えられていますが、その実態がどうであるかは一部のマスコミ報道以外、依然、はっきりとしない現実が

記事の続きを読む »

法科大学院を経由しない、いわゆる「予備試験」ルートについて、法科大学院を本道とする見方から、これを狭める考え方がとられて

記事の続きを読む »

日弁連は3月27日、「法曹人口政策に関する緊急提言」を取りまとめました。「法曹の質」という観点から新法曹養成制度が十分に

記事の続きを読む »

弁護士の専門分野についての認定制度の導入の是非が、日弁連の業務改革委員会で検討されています。弁護士の情報不足がいわれるな

記事の続きを読む »

法科大学院修了者には5年以内3回の「受験回数制限」が課されていますが、これに対しては受験機会を奪うものとして、異論もあり

記事の続きを読む »

1 2 3

New Topics

投稿数719 コメント数363
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット