司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

金丸哲也

   思い立ったら吉日。私たちの事件が高裁に持ち込まれるタイムリミットは差し迫っていたため、兄は直ちに「控訴阻

記事の続きを読む »

   相手側の控訴に対して、私たち家族は心では身構えていたが、では具体的に今、何をすればいいのか、ということで

記事の続きを読む »

   取りあえずの勝利の喜びも束の間、案の定の情報が、あちらこちらから聞こえてきた。相手側の控訴が濃厚という話

記事の続きを読む »

   取りあえず、裁判の結果は出た。私たち家族は、司法が私たちの主張を認めくれたと、素直に受け止めた。弁護人な

記事の続きを読む »

   私たちが当然と考えていた請求額に呆れかえるような、予想もしない裁判官の態度。その一方で、当時、私たちにつ

記事の続きを読む »

   判決での「完全勝利」を伝える兄の話を聞いているうちに、この民事一審の前裁判官とのエピソードを、私は思い出

記事の続きを読む »

   私の仕事中、兄から連絡が入った。兄の声は、携帯からもれんばかりの大声、耳が痛くなるほどだった。 &nbs

記事の続きを読む »

   民事裁判の第一審が終わった。弁護士をつけない裁判で、とにかくやるだけのことはやったという気持ちで、内心、

記事の続きを読む »

   結論から言えば、あの被告豹変の後も、裁判自体はたんたん続いていった。こちらは、あくまで冷静に対応し、物の

記事の続きを読む »

   裁判というものの帰趨に、裁判官の心証というものが大きく影響するだろうことは、私たちのような素人でもある程

記事の続きを読む »

1 2 3 4 5 6 12

New Topics

投稿数719 コメント数363
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット