司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

金丸哲也

   私たちのなかにある当然の正義、当然の道理。思えば、刑事裁判以来、私たちはこの「当然」の主張に耳を貸しても

記事の続きを読む »

   私たちは、もちろん、これまで法廷での敵味方に分かれての弁護士同士のやりとりが具体的にどんなものであるか、

記事の続きを読む »

   この裁判は、私たち家族の闘いではあったが、言うまでもなく、真の被害者は父であり、あくまで父の闘いであるこ

記事の続きを読む »

   弁護士を付けない裁判が具体的にどんなものになるのか。本人訴訟を決断した私たちも、当時、それを十分理解して

記事の続きを読む »

   私たちは遂に、当初、全く予定していなかった、味方弁護士抜きの法廷に座っていた。相手方には弁護士がいる。そ

記事の続きを読む »

   長い争点整理手続きが終わり、いよいよ公判当日の朝を迎えた。私たちが、本人訴訟を決断して、腹をくくって臨む

記事の続きを読む »

   弁護士がいない状況のなかで、私たちは日々、裁判所に提出する書類に目を通した。今までの自らで調べ上げた資料

記事の続きを読む »

   S弁護士辞任以降、当初の後任探し、そして苦悩の末、私たちが本人訴訟を決断し、踏み出す経緯について、ここの

記事の続きを読む »

   弁護士同様、司法書士という存在について、私たちのなかに特にはっきりしたイメージがあったわけではなかった。

記事の続きを読む »

   こういう言い方には、異論がある弁護士の方もおいでかと思うが、一般市民にとって、弁護士はある種、「用心棒」

記事の続きを読む »

1 2 3 4 5 6 7 12

New Topics

投稿数719 コメント数363
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット