司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

勝瑞豊

   月報司法書士3月号に、司法書士制度審議会委員 細田 長司氏の「原点に戻る」という巻頭文が掲載されていた。

記事の続きを読む »

   松永先生が去年85歳ということになると、現在のところ私より16歳年上ということになる。昭和19年8月15

記事の続きを読む »

   司法書士にとって、憲法と人権問題を自らの切迫した問題と自覚し、その問題が今なぜ問われなければならないか、

記事の続きを読む »

   民事法務局長の司法書士への懲戒権は行政処分の一種であるから行政手続法に従って実行されることになる。その手

記事の続きを読む »

   司法書士の強制入会制度についてはそれを適法であるとする古い判決がある。終戦後強制入会制度が廃止されたのち

記事の続きを読む »

   一般国民は、普通の暮らしにおいては、税務署、年金等を別にすれば、自己所有の土地が国または自治体に買収され

記事の続きを読む »

   5月号の月報司法書士の特集は、「人権感覚と人権擁護意識~改めて人権を考える」というものだった。司法書士人

記事の続きを読む »

   分子生物学の発展や遺伝子研究の驚異的な進歩は、学生時代にすりこまれた歴史観や文明に対する考え方、パラダイ

記事の続きを読む »

     今日は3月11日、東北津波大地震と福島第1原発がメルトダウンした日だ。それから3年、東北が

記事の続きを読む »

   「月報司法書士」2014年新年号冒頭に、深山卓也・法務省民事局長と斎木賢二・日本司法書士会連合会会長の新

記事の続きを読む »

1 2 3 4 5 6 7 10

New Topics

投稿数685 コメント数359
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット