司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

編集長コラム

判事と検事の間の交流人事、いわゆる「判検交流」。このなかで、行政・国賠訴訟で裁判官が国の代理人である訟務検事に [&he

記事の続きを読む »

かつて捜査の可視化というテーマについて、検察関係者に聞くと、返って来る言葉は、「あり得ない」という話だった。い [&he

記事の続きを読む »

 3月12日にさいたま地裁に開かれた首都圏連続不審死事件の裁判員裁判での論告求刑公判で、起訴された3件の事件す [&he

記事の続きを読む »

夜、遅い時間になると、今も彼の姿がよみがえってくる。入廷時、もうすぐ釈放されると確信と自信に満ちて、裁判官3人 [&he

記事の続きを読む »

 裁判員裁判で無罪、控訴審で逆転有罪となった覚醒剤密輸事件で2月13日、控訴審判決を破棄し、無罪とする最高裁判 [&he

記事の続きを読む »

裁判員制度に、驚くような内容の新聞記事が出ていた。裁判員裁判に参加した人たちで作る「裁判員経験者ネットワーク」 [&he

記事の続きを読む »

日本社会に「貧困マジョリティ」という新たな階層が生まれてきているという。そう指摘するのは、経済評論家の内藤克人 [&he

記事の続きを読む »

東日本大震災と福島原発事故という、あまりにも大きな事象の前に、それ以外語るべきものを失ってしまいそうになる-- [&he

記事の続きを読む »

 既に7年前の話になるが、新任裁判官辞令交付式での最高裁長官の訓示での一言が、朝日新聞で報道され、ちょっとした [&he

記事の続きを読む »

 「翼賛」という言葉は、戦後生まれの人間にはなじみのあるものではない。どこか現代では使いにくく、古臭く、暗い印 [&he

記事の続きを読む »

1 14 15 16 17 18 19

New Topics

投稿数830 コメント数372
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット