司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>

編集長コラム

 既に7年前の話になるが、新任裁判官辞令交付式での最高裁長官の訓示での一言が、朝日新聞で報道され、ちょっとした物議を醸し

記事の続きを読む »

 「翼賛」という言葉は、戦後生まれの人間にはなじみのあるものではない。どこか現代では使いにくく、古臭く、暗い印象を受ける

記事の続きを読む »

 戦前の治安体制下のわが国で、思想、言論、信教にわたる厳しい弾圧と統制の主役を演じたことで知られる「特高警察」。実は、こ

記事の続きを読む »

「国民感情で司法が揺さぶられている」として、昨年、民主党議員らが検察審査会の見直しを打ち上げた。だが、直接のきっかけは、

記事の続きを読む »

 今回の「改革」をなんとしてでも推進し、実現しようとする側の発想には、手法にかかわる、ある共通するものがある。  例えば

記事の続きを読む »

「法曹一元の給源のためには弁護士の増員が必要」  こう言われても、いまや若い弁護士で、ぴんとくる人はいないだろう。あるい

記事の続きを読む »

1990年5月、日弁連は高知市で開いた定期総会で、「司法改革宣言」を満場一致で採択した。これは、その後、2009年まで1

記事の続きを読む »

 司法の問題を議論する人間たちの間で、改正と「改正」が違う意味であることは、常識といっていいかもしれない。  表記方法の

記事の続きを読む »

「裁判官は世論には耳を傾ける必要があるが、これに動かされてはならない」という言い方がある。元札幌高裁長官で、裁判所・裁判

記事の続きを読む »

「法科大学院制度が失敗だった」という見方は、法曹界とその周辺で、事実上かなり一致したものになりつつあるようにみえる。法科

記事の続きを読む »

1 12 13 14 15 16

New Topics

投稿数719 コメント数363
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に
くわばたりえダイエット