司法ウオッチ<開かれた司法と市民のための言論サイト>




 〈誤解されている相続の本質〉

 相続とは、「死んだ人の財産・権利・義務などを親族などが受け継ぐこと」です。死んだ人(被相続人)から受け継ぐ人(相続人)へのプレゼント(贈り物)です。贈る人にとっても、受け取る人にとっても、人生を楽しく生きるためのアイテム(道具・品目)です。バースデープレゼント(誕生祝い)みたいなものです。

 それなのに遺産を誰がどのように受け継ぐか、ということで、それを受け継ぐ人(相続人)の間で揉め事が生まれることがあります。相続が親族間に亀裂が入る原因になることがあるのです。

 そうなっては、楽しく生きるためのアイテムである相続が、逆に身近で大切な人同士の人生を苦しめるものになってしまいます。

 今、私の、みのる法律事務所では、相続に関する事件を一番多く取り扱っています。相続問題で裁判にまでなってしまうと、骨肉相食む争いとなり、親族関係断絶となりかねません。当事務所では、裁判で相続問題を解決するということより、相続問題で揉めないようにするためにどうしたらよいのか、ということに力を注いでいます。相続問題で親族関係断絶などとならないように、「相続によって、より絆を深める」ことを目標にして、相続問題の解決を図っています。

 その基本的な考え方は、前記したように「相続は、人生を楽しく生きるためのアイテムである」ということにあります。「相続の本質は、最も身近で最も大切な人といっしょに人生を楽しむためのアイテムである」と確信しています。そのことを相続問題で悩んでいる皆さんに知ってもらい、相続を楽しく生きるためのアイテムにしてほしいのです。

 そのためには、相続に関する法的知識より、そもそも相続とは何者なのかという相続の本質、生きていく上で、相続の果たす役割を知ってほしいのです。

 相続に関する事件を取り扱う中で、最も心配になることは、この相続の本質という一番大事なことを誤解しているのではないかと思える相続人がいるということです。相続問題は、法律に従って解決すればよいと誤解している人がいます。そのためにしなくてもよい紛争が生まれ、裁判となり、親族関係断絶などという相続の本質と真逆な結果が出ることが少なくないのです。

 相続は人生を楽しく生きるためのものであり、相続問題で人生を辛く苦しいものとすることをやめさせなければ、50年を超えてやらせてもらった田舎弁護士の役割を果たしていないことになります。


 〈法律では本当の解決はできない相続問題〉

 相続の本質を誤解しているために、最も身近で最も大切な人たちが、いっしょに人生を楽しむために大事なアイテムである相続を楽しむどころか、苦しみの材料にしてしまっているケースがよく見られます。勿体なさ過ぎます。相続は人生を楽しむための最高のプレゼントなのです。

 そのプレゼントを無駄にするだけではなく、毒にしてしまっているのです。放ってはおけません。相続問題は気持ちの問題です。法律では本当の解決はできません。相続問題は、「人生はどう生きるべきか」という哲学の問題です。

 繰り返しますが、本来なら身近で最も大切な人が、最も身近で最も大切な人のために残してくれた財産を受け継ぐのですから、残す方も受け取る方も楽しいことなのです。相続は、大切な人にバースデープレゼントを渡し、大切な人からバースデープレゼントを受け取るようなシーンとなるはずなのです。

 ですから、人生を楽しくする最大の局面の一つと言えるのです。揉めたり、争い事になったりするようなシーンではないはずです。結婚で言えば、エンゲージリングの交換のようなものなのです。

 多くの人は渡してくれた人の気持ちに感謝します。受け取る人同士の繋がりが、より深く感じることになります。それが人間として普通の姿です。ですが、中には相続を巡って裁判となり、最も身近で最も大切な関係にある親子、兄弟などが骨肉相食む争いになることがあるのです。

 弁護士は、そういう争い事の一方に加担し、生計を立てていますが、私は相続事件は、親族間が争うのではなく、より深い絆を結べるようになることを目指して、弁護士として仕事をしています。

 みのる法律事務所は、争いに加担するのではなく、親族関係円満のため、相続問題解決のための最善の方法を見つけ出してやるという役割を果たすことにしています。それは田舎弁護士の大事な役割だと確信しています。「弁護士は、ケンカ犬だ」などと言われることがありますが、相続争いは、させたくないのです。円満に解決してやりたいのです。

 (拙著「いなべんの哲学 第6巻 」から一部抜粋)


 「福島原発事故と老人の死――損害賠償請求事件記録」(本体1000円+税)、都会の弁護士と田舎弁護士~破天荒弁護士といなべん」(本体2000円+税)、 「田舎弁護士の大衆法律学 新・憲法の心 第29巻 国民の権利及び義務(その4) 学問の自由」(本体500円+税)、「いなべんの哲学」第9巻(本体1000円+税)、「兄」シリーズ 1話~9話(各本体500円+税) 発売中!
  お問い合わせは 株式会社エムジェエム出版部(TEL0191-23-8960 FAX0191-23-8950)まで。

 ◇千田實弁護士の本
 ※ご注文は下記リンクのFAX購買申込書から。

 ・「田舎弁護士の大衆法律学」シリーズ

 ・「黄色い本」シリーズ
 ・「さくら色の本」シリーズ



スポンサーリンク


関連記事

New Topics

投稿数1,068 コメント数393
▼弁護士観察日記 更新中▼

法曹界ウォッチャーがつづる弁護士との付き合い方から、その生態、弁護士・会の裏話


ページ上部に